Illustratorで作るかぼちゃイラスト(かんたんチュートリアル)

Illustratorで作るかぼちゃイラスト(かんたんチュートリアル)チュートリアル

気候はすっかり秋模様で、布団が気持ちいい今日このごろ。

今回はIllustratorでかぼちゃを描く手順をご紹介します。

Illustrator初心者の頃の自分に向けてまとめてみました。
同じようにIllustrator勉強中の方の参考になれれば幸いです。

※CS5を使用しています。

作成するイラスト(データ配布あり)

作成するイラスト4種

作成するイラストは上の4種類です。
※チュートリアルでは白フチと影の工程は省略

完成したAiデータは私が運営するサイト「ジェントルダウンロード」にて無料配布しております。
アピアランスもそのまま保存しておりますので、出来上がったデータを確認してみたい方はぜひ下のリンクからダウンロードしてみてください。

かぼちゃのイラスト1(フラット)
素材をダウンロード白フチ+影ありPNG 白フチありPNG フチなしPNG ベクターデータ(ai ver10)ベクターAI 似ているイラスト素材を見る 外部サイトで無料イラス...
かぼちゃのイラスト1(立体的)
素材をダウンロード白フチ+影ありPNG 白フチありPNG フチなしPNG ベクターデータ(ai ver10)ベクターAI 似ているイラスト素材を見る 外部サイトで無料イラス...
かぼちゃのメモ風イラスト1(カラフル)
素材をダウンロード白フチ+影ありPNG 白フチありPNG フチなしPNG ベクターデータ(ai ver10)ベクターAI 似ているイラスト素材を見る 外部サイトで無料イラス...
かぼちゃのメモ風イラスト1(ドット)
素材をダウンロード白フチ+影ありPNG 白フチありPNG フチなしPNG ベクターデータ(ai ver10)ベクターAI 似ているイラスト素材を見る 外部サイトで無料イラス...

完成AIデータのダウンロード方法

※「かぼちゃのメモ風イラスト(ドット)」はドットの破線をアウトライン化しています。バージョンを落として保存した際不具合が出たためです。

制作編1:フラットなかぼちゃを描く

フラットなかぼちゃ

まず全ての元となる「フラットなかぼちゃ」を作成します。

塗りブラシツールでパスを作成する

塗りブラシツールでパスを作成

まず塗りブラシツールを使ってかぼちゃのパスを作成します。

もちろんペンツール等でも描けますが、手のブレで少しデコボコした形を出したかったので、今回は塗りブラシツールを使用しました。
塗りブラシツールは、書き始めてマウスを離すまでに描いた部分の輪郭がパスになるツールです。線ではなく塗りに色が設定されたオブジェクトが作成されます。
↓このアイコンです。

塗りブラシツール アイコン

塗りブラシツールのショートカットキー:Shift + B

「パスの単純化」でなめらかに

パスの単純化

少しアンカーポイントの数が多くなってしまったので、パスの単純化で数を減らしました。

上部のメニューから オブジェクト> パス > 単純化 を選択し、ダイアログの値を調整します。

境界のデコボコがなめらかになりました。
またアンカーポイントの数を減らすことでデータ容量も軽くなります。

パスの重ね順を調整

レイヤーパネルでパスの前後を調整

同じ要領でヘタを作成したら、5つのパスを重ねて重ね順を調整します。
レイヤーパネルでドラッグ&ドロップすると簡単です。

また 選択ツールでパスを選択→ショートカットキー でも重ね順を変更できます。

前面へ:Cmd + ]
背面へ:Cmd + [
最前面へ:Shift + Cmd + ]
最背面へ:Shift + Cmd + [
※Windowsは Cmd → Ctrl

フラットなかぼちゃ

これで「フラットなかぼちゃ」の完成です。
このイラストを元にさらに3つのバリエーションを作成します。

制作編2:立体的なかぼちゃを描く

立体的なかぼちゃ

続いて「立体的なかぼちゃ」を作ってみます。
「フラットなかぼちゃ」の上にグラデーションを重ねることで立体感を出しています。

アピアランスで塗りを追加する

アピアランスで塗りを追加

上で作成した「フラットのかぼちゃ」の5つのパスをグループ化します。

このグループを選択したままアピアランスパネル新規塗りを追加します。
元々の色が塗り替えられたわけではなく、上に1枚重なっているイメージです。

新しい塗りにグラデーションを適用する

新しい塗りにグラデーションを適用する

新しく追加した塗りにモノクロの円形グラデーションを適用します。
手順は次のとおりです。

  1. アピアランスパネルで塗りを選択(クリックして青くなればOK)
  2. グラデーションパネルをクリックしてグラデーションを適用
  3. 種類を「円形」に変更
  4. グラデーションスライダーを次のように設定グラデーションの設定
  5. グラデーションツールで位置や範囲を調整(左上をクリックしたまま右下にドラッグして離します)

グラデーションツールで位置や範囲を調整

これで左上から光が当たり、下部には反射光が当たったようなグラデーションができました。

描画モードをオーバーレイに変更する

描画モードを変更する

グラデーションを適用した塗りを選択したまま透明パネルを操作します。

左上の描画モードオーバーレイに変更します。

次に不透明度を70%に変更します。
(100%のままでも違和感はないと思います。お好みで調整してみてください。)

これで「立体的なかぼちゃ」の完成です。

立体的なかぼちゃ

制作編3:メモ風にアレンジ その1

かぼちゃのメモ風イラスト

今度は「メモ風」にアレンジしてみます。

薄黄色のパスを作成する

薄黄色のパスを作成する

次の手順で薄黄色のパスを作成します。

  1. 「フラットなかぼちゃ」のヘタ以外を選択し、コピーして同じ位置に貼り付け
コピー:Cmd + C
同じ位置にペースト:Shift + Cmd + V
※Windowsは Cmd → Ctrl
  1. パスファインダー合体をクリックしてパスをつなぎ合わせる
  2. 太めの線を追加(角の形状:ラウンド結合、線の位置:中央揃え)
  3. パスをアウトライン化
  4. パスファインダー前面オブジェクトで型抜きをクリック
  5. 塗りのカラーを変更

罫線を作成する

罫線を描く

直線ツールもしくはペンツールで赤色の罫線を描きます。
私は直線ツールを使用しました。

3本を同じように描くよりも次のやり方がおすすめです。

  1. 1本描けたら選択ツールに切り替え
  2. 1本目を選択し、Shift + Option を押しながら真下にドラッグ&ドロップ
  3. Cmd + D を押す(直前のコピー+移動が繰り返されます)

このやり方ならすばやく・同じ長さで・等間隔に罫線を描くことができます。

これで「かぼちゃのメモ風イラスト」が完成です。

かぼちゃのメモ風イラスト

制作編4:メモ風にアレンジ その2

かぼちゃのメモ風イラスト ドットとシルエット

メモ風アレンジをもう1種類。今度はドットで囲んでみます。

シルエットとドットを作成

  1. 「フラットなかぼちゃ」のパスを全て選択
  2. パスファインダーの合体をクリック
  3. Shift + Option を押しながら左斜め上にドラッグ&ドロップ
  4. 線を適用する(線端:丸型、破線にチェック、線分:0pt、線幅と破線間隔はお好みで)

あとは制作編3と同様に赤い罫線を重ねたら完成です。

かぼちゃのメモ風イラスト ドットとシルエット

まとめ & 配布素材の紹介

今回ご紹介した方法は私の作業手順そのままです。
使用したツールショートカットキーについてもできる限りまとめてみました。

今となっては当たり前のように使っている機能も、Illustratorを買った当初は存在すら知らずに随分回り道をしていました。

この記事をなぞりながら「こんな機能もあったんだ!」と思っていただけたなら幸いです。

同じ方法で作成した「いろんなかぼちゃのイラスト素材」をイラストACにて無料配布中です。こちらもぜひチェックしてみてください!

無料イラストなら「イラストAC」
イラストACは、無料イラスト・アート・年賀状・年賀・画像などの素材がフリー。AI・EPS形式の素材も無料でダウンロードOK!商用利用、編集もOK。かわいいフリーイラストも豊富!
※ダウンロードには「イラストAC」の無料会員登録が必要です。会員登録がお済みでない方はこちらから↓